• bonzbros
  • classic BMX magazine

    OLD SCHOOL BMXの唯一の専門雑誌「Classic BMX」。世界各国で開催されるVintage BMX Show、世界有数のコレクション、名車の数々、レストア情報、100%ビンテージBMX満載!ご購入はこちらから!

    bonzbros
  • classicBMX
Jul 18 2011

KUWAHARA ET NOSTALGIA. old school BMX

kuwaet1
■前回の「ima」を見て、気付いていた人は「おっ!」なんて思っていたかもしれません。店の奥に置いてあったあれ。
昨夜はその「あれ」→『箱入り「KUWAHARA ET」の「箱」を眺めてビールを飲もう会』なんていうことがBONZの庭先および店内で開催されました。オーナーは長い間「KUWAHARA ET」と書かれた箱を愛でてきたN氏。古びたこの「箱」をこの先も一生愛し続けるらしい。その「箱」を眺めて皆でビールなわけですから、馬鹿な変態オヤジの集まりです。まあ、しかし本人達にとっては、ちょっとした誰それのシークレット・ライブ以上にfeverな集まりなわけですな。

そして箱は開封され、30年の時を経て「新車のKUWAHARA ET」は我々の目の前に姿を現したわけです。splendid !!
ETはいくつかのグラフィック違いやパーツ構成の違い、塗装の濃淡の違いやManufacturerの違いなんかがありますが、そのあたりのことをじっくりと観察することができました。「あー、なーるほどね」という感じ。ここにこのパーツだと、こっちはこれなわけね。あれ? ここ(のパーツ)はこんなだっけ? 盛り上がるモリアガル。そして30年目にして新たな発見もいくつか。

その後はなしは、映画「ET」の中のKUWAHARAのシーンごとの仕様の違い(市販型とは異なる)。このシーンではこんなことやってるなんていうことや、エリオットの服装、果ては劇中で食べてたものなんかにまで……。馬鹿だねぇ、みんな。しかしその馬鹿さ加減がいい感じですよ。
いやあ、おもしろかったぁ。

kuwaet2お出ましです。

kuwaet3パッケージングされたETの姿。お宝画像ですぜ。

kuwaet4もう興味津々でパーツ構成やグラフィックの仕様なんかを確かめます。ナイキが今日の正装ですね。

kuwaet5付属品箱の中にも今や貴重なあれやコレ。

kuwaet6これが本物。パッケージ用の封印テープもきれいに残ってます。

kuwaet7おっと! これが!!

kuwaet8ほほー!

kuwaet9やっぱりリプロとはまるで別物ですね。

kuwaet10逆サイドの眺めです。

kuwaet11エンドの丸穴のサイズまで計っちゃいました。

kuwaet12フロント・フォークのブレースが木製であるところに注目です。

kuwaet13そしていつしか夜はふけ、酔いは深まります。

KUWAOLDBMX昨夜はET以外のOLD KUWAHARAも集結。フレームパイプの太さ、フレーム角度、長さ、楕円度、エッジ、溶接目、Manufacturerごとの違い、メッキの質などなど話はつきませんや。どうであったのか? ということを知ることはこの上も無く貴重なことです。

kuwaet14しまいにゃ、翔ぼうとするオヤジ達。

ET-Kuwahara昨夜の素晴らしい月夜に向かってね。

……そして、いつまでも馬鹿なオヤジでありたいものです。ciao!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Printed from: http://www.bonz-bros.com/blog/?p=3035 .
© 2018.